介護のフランチャイズでラクラク開業│現場で必要なもの特集

みんな笑顔で暮らせるようにしたい

高齢化社会の需要

ベッドから起きる

日本が超高齢化社会に突入していくことで、介護のサービスも需要が増えてきています。現在、介護系の仕事を開業する際に、フランチャイズ形式で出来る所も増えてきています。フランチャイズは、豊富なノウハウや開業のしやすさ、ネームバリューから将来的にも継続していくことができるというメリットがあることから、個人や法人、様々な人たちが注目しています。デイサービスや訪問介護、訪問入浴や配食サービス等様々なサービスがあり、あらゆるサービスの中から行いたいサービスを選んで加入するということが可能です。自分で一からサービスを開始させようとすると、開業資金や様々なノウハウを得ることが難しいということもあります。しかし、フランチャイズの場合は、少ない資金や様々なノウハウを教えてもらえることから、ビジネスとしても今後生き残ることが出来ます。

介護の現場では、様々なものが必要になります。デイサービス等の場合に欠かせないものが福祉車両です。車椅子の人が車両で移動する際に非常に有効なもので、リアスローブやリアリフト等様々なものがあります。車椅子に乗っている人も、安心して移動できるように多くの種類が販売されており、最近ではミニバンタイプのものも出てきています。また、多くの有料老人ホームで利用されているものが、介護エプロンです。現場に合わせた非常に機能性の高いもので、高い防水性やウイルス防止等の機能があります。入浴介助や食事介助等多くの場面に合わせて多くの種類が販売されており、それぞれ使い分けていくことができます。

CONTENT

様々な車の種類

桜を見る

福祉車両は多くの種類があり、リアスローブやリアリフトは、福祉施設でも多く取り入れられている車両です。他にもサイドリフトや、運転補助装置の付いている車も人気があります。

寝たきりにさせない努力

カルタをする

有料老人ホームには、多くの種類がありそれぞれコンセプトがあります。どの程度介護が必要なのか等考えることで、選ぶ所も変わってきます。非常に手厚いケアを受けることが可能で、寝たきり防止のために多くの取り組みが行われています。

機能性の高いエプロン

手を置く

介護エプロンは、入浴介助や食事介助の際に必要になるものです。入浴介助の場合、水に触れることも多いことから、非常に防水力が強く作られています。また、ノロウイルス対策用のエプロンも販売されています。